FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンクリート鉢を安全に使うには

前回、コンクリート製の鉢は水に濡れると強いアルカリ性になる
という驚愕の実験結果が出ました。
(→そのときの記事はこちら)


強いアルカリ性の状態は植物の成長にも影響します。

でも、せっかく買ったオシャレなコンクリート鉢も使いたい!

今日はそんな場合に有効な方法をお話しまーす!!



さて、コンクリート鉢がアルカリ性になるのは
コンクリートから水酸化カルシウムが流れ出ることが原因でした。

それを止める簡単な方法としてミョウバン水に漬けるというやり方があります。


では、詳しい方法です。


1. ミョウバンを用意します。
スーパーで60g で150円でした。


2. 水道水にミョウバンを溶かしてミョウバン水を作ります。
濃度は0.1% (w/v) くらいに、目分量でw





ミョウバンは最初は上の写真みたいにすぐには溶けないんですが、
一時間も放置しておけば溶けます。
念のため、溶けたらかき混ぜておきます。


この時はバケツに8L位作りました。
鉢を入れた時に全体が水に浸かるよう、
少し多めに作ることをオススメします。



3. ミョウバン水にコンクリート鉢を入れます。
鉢の内部に空気の泡が残らないように
鉢を動かしたりして泡を抜きます。
(小さな泡は無視してOK)


4. そのまま放置!


5. 時々ミョウバン水を交換します。
今回は翌日、3日後、7日後に交換しました。


6. 最初にミョウバン水につけてから2週間くらい経ったら
ミョウバン水を水道水に変えます。


バケツや鉢にミョウバンが残らないように、
一度洗ってから水道水につけるようにします。


7. そのまま一週間放置。

これで終わりです!



試しにこの状態でpHを測ってみました。




その結果…




黄色!
pH7くらいの中性になっています!!



ちなみにミョウバン水につける前は…



青っぽい緑、pH9くらいの強アルカリでした。



ということで、
ミョウバン水につけるだけで、コンクリート鉢が中性になりました ♪


この方法、コンクリートで池を作った時に
アルカリで魚が死んでしまうのを防ぐためにやる方法と同じなんです。


鉢をミョウバン水につける時間は、
ミョウバン水の量/濃度や鉢の個数などによって変わる可能性があります。

pHを測るか、予備的に使ってみて様子を確認してみてくださいね。

pH試験紙はハンズ・LOFTや、
大きな文房具屋さん、熱帯魚屋さんなどにあります。

楽天にもありますね。






…という訳で、
長くて分かりにくかったかもしれませんが
以上、コンクリート鉢を安全に使う方法でした!
ふぅー、頑張った!



にほんブログ村 トラコミュ インドア&インテリアグリーンへ
インドア&インテリアグリーン
にほんブログ村 トラコミュ I LIKE GREENへ
I LIKE GREEN


*さらに詳しく知りたい方は
「たたき池、ミョウバン」などをキーワードにググってみて下さいね。*



ご訪問ありがとうございました。
↓ ポチっと応援お願いします♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コンクリート鉢にこんな危険性があったんですねー
私も入手した際は参考にさせていただきます!

長文お疲れ様でした!笑(ためになりましたありがとうございます!)

No title

なるほど~!!
おさっれーな鉢を楽しむ為には労力が必要なのですね!
世の中うまい話ばかりではありませんね(笑)

フルキさんへ

コメントありがとうございます。
赤ちゃんの写真も癒されてます、ありがとうございますー♪

多肉もコンクリート鉢に寄せ植えとか流行ってるみたいなので、覚えておいて損はないかと思いますよー。

まっくすさんへ

コメントありがとうございますー!

オサレなコンクリート鉢、流行に乗って買ってみたら面倒なことになっちゃいました σ(^_^;)
手間は大したことないんですが、やたらと時間がかかるので、計画性が大切です(私はこれで失敗しましたよ〜)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。